Sorry, based on your location Taylor and Francis Editing Services is unable to provide you with Editing Services.

If you would like to choose an alternative provider, we recommend Editage

偶発的な剽窃がないか事前にチェック

論文剽窃チェックサービス

論文の参考文献は正しく明記・引用されていますか?きちんと確認するのは大変ですが、これを怠ればジャーナルより倫理上の疑義が投げかけられ、リジェクトされることも多々あります。弊社の剽窃チェックサービスを使って意図せぬ剽窃を防ぎましょう。

弊社の剽窃サービスは、iThenticateソフトウェアを使用し、ジャーナル側から意図せぬ剽窃を指摘される可能性のある箇所を割り出します。先行研究と類似する箇所をiThenticateの査定結果と報告書でお知らせいたします。

剽窃を含む出版倫理に係る詳しい情報は、著者サービス(英語)をご参照ください。

論文剽窃チェックの流れ

step1

ステップ

原稿を送付ください。
step2

ステップ

iThenticateにより、お送りいただいた原稿を3800万件を超える学術論文、書籍、学会議事録と比較し、剽窃を検知します。※
step3

ステップ

問題箇所ごとの対応策が書かれたレポートをお送りします。

iThenticateで検知されない箇所に関わる保証は致しかねます。

料金と納期

110
2 営業日

論文剽窃チェックのサンプルレポート

Plagiarism sample

剽窃を指摘される可能性のある個所をまとめたレポートをお送りします。

Plagiarism sample-edited

レポート内の「Expert Recommendations」では、弊社エキスパートによる問題点を修正するためのアドバイスをご覧いただけます。

よくある質問

資料の剽窃チェックはどのようにされますか。

弊社では、学界の中で広く使用されているソフトウェア、iThenticateを活用して、原稿上の剽窃の綿密な確認を行います。

エキスパートからどのようなコメントが予測されますか。

エキスパートはまず、iThenticateの報告書と剽窃のレベルに関するコメントを評価します。そして、ジャーナルの品質管理デスクからのリジェクトを避ける為に、言い回しの改訂が必須な箇所をハイライトします。

全て見る >>

お探しのものが見つかりませんか?

こちらのサービスをお試しください。